MTB歴の全くない初心者がコースに連れて行かれた話

人生初のマウンテンバイク

今回は会社の上司に勧められて人生初のマウンテンバイクに挑戦してみたので、その体験談を紹介します。

行くことになったきっかけは、「最近体力が落ちてきた」という話からでした。
正直最初は不安でしたが、自分は普段ホンダのシャドウ400クラッシックに乗っていて、バイクには少し興味があったので行ってみることにしました。

今回行った場所は愛知県豊田市にある「26ISM あさぎりトレイル」です。

とにかくMTBを壊したらやばいと思った

そしてコースの入り口に到着!
ついに初めてのMTBに乗るときがきました!!
何よりも一番不安に思っていたことは、上司のMTB壊したらどうしよう(汗)でした。

僕は黒い方のMTBに乗ったのですが、こちらのお値段が車体価格20万、改造費込みで30~40万だとか。
中古のバイクなら買えちゃうお値段なんですけど!!
自分が怪我をするのはいい。でも、上司のMTBを壊すのはヤバイ。
最初はそんなことを思っていました。

しかし、今回のコースは子供でも走れる初心者用のコース。
よっぽどのことがない限り大きなトラブルにはならないということだったので、安心してMTBにまたがりました。

今回は、初心者用にということで、フルサスペンションのオールマウンテンバイク、GIANTのREIGN 2を貸して貰いました。
その他、ヘルメットやグローブ等のプロテクター一式も貸してもらっています。SIX SIX ONEというブランドのものだそうです。

GIANT REIGN2

上司さんはGTのアバランチェというハードテイルのMTBを乗っていました。結構改造しているらしいですが、本来こちらの方が初心者用だそうです。

GT アバランチェ

子供でも走れる初心者コース・・・のはずなのに尋常じゃなく疲れる

というわけで、安心して初心者でも走れるとお墨付きのMTBを借りて走り出したわけですが・・・

子供でも走れるコース?誰がそんなことを言ったんですか?ウソですよね?
まだ1分しか経ってないのにもう息があがっているのですが!?

最初は上司の後ろをついていく形で走っていたのですが、上司が止まったタイミングですかさず下車、そして地面に座り込んで休憩。
上り坂が思っていたよりもしんどくて、短い区間で2回、3回と上り坂があるとそれだけでもうヘトヘトでした。

これは後から知ったことですが、異常に疲れるのはギア操作が原因だったみたいです。
ツライと思ってからギアを変えていたのですが、坂に入る前にギアを変えておかないと余計な体力を消耗するとのことでした。
ギアが変わるのは車輪がおよそ1回転した後。
タイムラグがあるので、それを考慮したうえでギアを変えた方が良かったみたいです。
その後は休憩を挟みながらなんとか走り抜け、1週目は無事完走。

何度かアバランチェの方にも乗らせてもらいました。

案の定、転んだ

そして休んだ後に再びコースへ。
今度は少し道を変えて自分が先導でのスタートだったのですが、待ち構えていたのは高い段差のある下り坂でした。
ここでアクシデントが発生。

一回転して転びました。

そして後ろから上司の「ナイス回転!」という嬉しそうな声が(笑)
痛くはなかったのですが、「大丈夫?」と声をかけられたときに返事をしようとしたら、左胸を打ち付けたせいで声が出ない(笑)

10秒ほどダンゴムシのように丸まってから、なんとか体勢を整えました。
しかし、転んだときは痛みや恐怖よりもスリルの方が大きくて、その後はどんどん楽しくなってきちゃいました。

結局その後はなにもなく無事に完走できたのですが、「MTBは転んだ方が楽しめる」というのが個人的な感想です。

そして余談ではありますが、26ISMの側にはちょっとした林道もあって、こちらは景色を楽しみながら走れる道でした。
子供とお母さんが一緒にMTBで走っていたので、正真正銘の子供向けという感じです。

走り終えた感想

普段仕事をしていて、こんな体験をすることはそうそうないと思いました。
休日は買い物をしたり、映画を観たり、旅行に行ったりなど。
もちろんどれもいい休日の過ごし方だとは思うのですが、大人になればなるほど、新しいことにチャレンジする機会が減った人は多いと思います。
しかし、僕は今回MTBに乗ってみて、こう思いました。

せっかくの休日なんだから、たまには普段と違った過ごし方をしてみよう!

MTBには色々なコースがあるみたいなので、今度はゲレンデを爽快に駆け抜けるコースとか体験してみたいです。

http://www.mtb-style.xyz/wp-content/uploads/2017/11/LRM_EXPORT_20171105_215827.jpghttp://www.mtb-style.xyz/wp-content/uploads/2017/11/LRM_EXPORT_20171105_215827-150x84.jpgnakaseaMTB日記人生初のマウンテンバイク 今回は会社の上司に勧められて人生初のマウンテンバイクに挑戦してみたので、その体験談を紹介します。 行くことになったきっかけは、「最近体力が落ちてきた」という話からでした。 正直最初は不安でしたが、自分は普段ホンダのシャドウ400クラッシックに乗っていて、バイクには少し興味があったので行ってみることにしました。 今回行った場所は愛知県豊田市にある「26ISM あさぎりトレイル」です。 とにかくMTBを壊したらやばいと思った そしてコースの入り口に到着! ついに初めてのMTBに乗るときがきました!! 何よりも一番不安に思っていたことは、上司のMTB壊したらどうしよう(汗)でした。 僕は黒い方のMTBに乗ったのですが、こちらのお値段が車体価格20万、改造費込みで30~40万だとか。 中古のバイクなら買えちゃうお値段なんですけど!! 自分が怪我をするのはいい。でも、上司のMTBを壊すのはヤバイ。 最初はそんなことを思っていました。 しかし、今回のコースは子供でも走れる初心者用のコース。 よっぽどのことがない限り大きなトラブルにはならないということだったので、安心してMTBにまたがりました。 今回は、初心者用にということで、フルサスペンションのオールマウンテンバイク、GIANTのREIGN 2を貸して貰いました。 その他、ヘルメットやグローブ等のプロテクター一式も貸してもらっています。SIX SIX ONEというブランドのものだそうです。 上司さんはGTのアバランチェというハードテイルのMTBを乗っていました。結構改造しているらしいですが、本来こちらの方が初心者用だそうです。 子供でも走れる初心者コース・・・のはずなのに尋常じゃなく疲れる というわけで、安心して初心者でも走れるとお墨付きのMTBを借りて走り出したわけですが・・・ 子供でも走れるコース?誰がそんなことを言ったんですか?ウソですよね? まだ1分しか経ってないのにもう息があがっているのですが!? 最初は上司の後ろをついていく形で走っていたのですが、上司が止まったタイミングですかさず下車、そして地面に座り込んで休憩。 上り坂が思っていたよりもしんどくて、短い区間で2回、3回と上り坂があるとそれだけでもうヘトヘトでした。 これは後から知ったことですが、異常に疲れるのはギア操作が原因だったみたいです。 ツライと思ってからギアを変えていたのですが、坂に入る前にギアを変えておかないと余計な体力を消耗するとのことでした。 ギアが変わるのは車輪がおよそ1回転した後。 タイムラグがあるので、それを考慮したうえでギアを変えた方が良かったみたいです。 その後は休憩を挟みながらなんとか走り抜け、1週目は無事完走。 何度かアバランチェの方にも乗らせてもらいました。 案の定、転んだ そして休んだ後に再びコースへ。 今度は少し道を変えて自分が先導でのスタートだったのですが、待ち構えていたのは高い段差のある下り坂でした。 ここでアクシデントが発生。 一回転して転びました。 そして後ろから上司の「ナイス回転!」という嬉しそうな声が(笑) 痛くはなかったのですが、「大丈夫?」と声をかけられたときに返事をしようとしたら、左胸を打ち付けたせいで声が出ない(笑) 10秒ほどダンゴムシのように丸まってから、なんとか体勢を整えました。 しかし、転んだときは痛みや恐怖よりもスリルの方が大きくて、その後はどんどん楽しくなってきちゃいました。 結局その後はなにもなく無事に完走できたのですが、「MTBは転んだ方が楽しめる」というのが個人的な感想です。 そして余談ではありますが、26ISMの側にはちょっとした林道もあって、こちらは景色を楽しみながら走れる道でした。 子供とお母さんが一緒にMTBで走っていたので、正真正銘の子供向けという感じです。 走り終えた感想 普段仕事をしていて、こんな体験をすることはそうそうないと思いました。 休日は買い物をしたり、映画を観たり、旅行に行ったりなど。 もちろんどれもいい休日の過ごし方だとは思うのですが、大人になればなるほど、新しいことにチャレンジする機会が減った人は多いと思います。 しかし、僕は今回MTBに乗ってみて、こう思いました。 せっかくの休日なんだから、たまには普段と違った過ごし方をしてみよう! MTBには色々なコースがあるみたいなので、今度はゲレンデを爽快に駆け抜けるコースとか体験してみたいです。MTBの紹介、製品レビュー、動画紹介など。